HOME > コラーゲンが豊富な食べ物

コラーゲンが豊富な食べ物

コラーゲンは人間に皮膚や骨を構成している重要な成分です。一日の理想的な摂取量は1,000mgから5,000mgと言われていますが、コラーゲンを効率的に摂取するにはどんなものを食べればよいのでしょうか。コラーゲンは牛や豚、鶏、魚の脂身が多い部分や骨の近くに豊富に含まれています。例えば牛すじや鶏の皮、鶏軟骨、魚の切り身(皮つき)、豚足、ふかひれ、ウナギの蒲焼などにコラーゲンは豊富です。これらの食べ物にはコラーゲンの他にも、エラスチンやコンドロイチンなどの成分も含まれていますから、お肌のハリや弾力、水分を保ち、美肌には効果的な食材といえます。ただコラーゲンを豊富に含む食べ物には、同時に脂分もたくさん含んでいるので、カロリーが高めなので食べ過ぎに注意してください。またコラーゲンが体内で作られるためにはビタミンCも必要になりますから、ビタミンCを含む食べ物も一緒に摂取したいものです。コラーゲンを食べ物から摂取しても意味が無いと言われますが、そうとは限りません。確かにコラーゲンは体内でアミノ酸に分解されてしまいますが、コラーゲンにしか含まれていないヒドロキシプロリンという成分が、コラーゲンの生成に関与していると言われています。ですから食べ物でコラーゲンを摂取することが難しいときは、サプリやドリンクを併用しても構いませんから、毎日コラーゲンを摂るようにしましょう。